スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は、嘔吐。30回以上

次の日。
呼吸困難のあった日から数えて、5日目。

依然、おすわりはせず。


この日も、私は仕事でした。

朝、私が起きると、カイはもう起きていて、
カーペットの上に、
ドッグフードらしきドロドロの吐いた物が、2山、ありました。
カイが吐いたのは、久しぶり・・。

でもまあ、カイが吐くのはよくあることです。
別段、変な物も混ざっていなかったので、
この時は、特に気にはしませんでした。

その後、朝ご飯もガツガツ食べ、
いいウンチもし、
特に、問題は感じませんでした。

そして普通に仕事に行きました。


仕事から帰ってくると、ちゃ~んとお留守番もできていて、
イタズラした跡もなく、いつも通り?のいい子のカイです。

仕事のある日は、いつも私はクタクタ・・・。

さらに、一連のカイの病気が、なんとか小康状態になり、
ホッとしたせいか、精神的にも疲れがドッと出ていました。

そこで、私は、
崩れるように、
つい、昼寝をしてしまいました。
カイの散歩にも行かず・・・。。。


午後4時半。

なんともかぐわしいカホリで、目が覚めます。

プ~ンと漂ってくるのは、いつものあの、カイの、ンチのカホリ。

あー、、ンチで、散歩催促ね。。(^0^;) いつものことだね…。

カイは、自分の要求をかなえて欲しいとき、
飼い主に知らせる手段として、
『ウンチ放出』という、手段を使います。苦笑

言葉を話せないカイが、自分に注目して欲しいとき、、、
吠えると怒られるが、
ウンチをすると、いつも「出たねー」と笑顔で、飼い主はウンチの片付けをしてくれる(自分に構ってくれる)から。。

この日は、ウンチだけではなく、
大量のオシッコと、嘔吐までしていました。

嘔吐までするとは・・、(^0^;) 排出できるものは、全部出してまでも、ワタシを起こしたのかったのかい・・・汗汗

嘔吐物は、、、ドロドロドッグフードの山が、2山。

正直、もちょっと寝ていたかったワタシ。
でも、頑張って起きました。
ンチやらゲボやらを片付けて、散歩に行くことにしました。


ところが、外は雨が降っていました。

お散歩に行くのは無理なくらいの、ザーザーザー・・・。


カイに「今日はお散歩無理だよ。」と話しました。

落胆の色が顔に出るカイ。


そして、その直後、5時頃から。


カイの嘔吐が始まりました。


30分で、おおよそ20回は、吐いたか。

拭いても拭いても、吐くのです。

最初の1回2回は、お散歩に行けないのがそんなにショックだったの~~と、思えてましたが、
これは、いくらなんでも、吐きすぎです。。。

だんだんと吐く物は無くなり、
白い泡と、黄色い液体のみになり。
今度こそ終わりかと、必死で掃除しても掃除しても、
何回も何回も、吐くのです。

さすがに、異常。

吐いているカイの背中をさする。

毒を吐いているのかも・・?

毒なら、全部、吐いちゃって!!!

そう思いつつも、疲れピークの私。
ゲボを拭く作業が、カイの嘔吐に追いつきません。

カイが心配なのと、
終わりが見えないのと、
体力的に限界で、
切なくて、だんだん泣きたくなってきました。

実際、まだ仕事中で帰って来ていないパパさんに、泣き言メールを送ったりしていました。
「カイが吐いてる。7回目」
「あ、又4回吐いた。もう吐く物ないのに・・」
「追加で4回。1回量は結構多い。心配。大変だよぅ(ToT)」

仕事中なので、当然、返信は来ないのですが、
それでも愚痴らずにはいられない気持ち。。


その上その日は、カイ姉②の塾の送りがありました。
雨のため、絶対、私が車を出す必要がありました。

こんなに吐いたのだし、さすがにもう暫くは、落ち着いていてくれるだろう。

私は、娘を塾に送るため、家を出ます。

帰りに、ちょっとだけドラッグストアに寄って、明日必要な牛乳など買いました。

家に戻って、玄関開けると、カイが玄関まで、お迎えに来てくれていました。

「大丈夫だった??」と、玄関にいるカイに声をかける。
カイは嬉しそうな表情。

玄関まで迎えに来れるなら、少し元気なんだなと、ちょっとホッとし、
ドラッグストアで買った物を取りに、再度車に戻りました。

そして、荷物を持って、玄関を開けると、
カイがいて、
そして、玄関マットの上に、白い泡が・・・。。 

あれ、さっき玄関開けたときは無かったのに。
私が、車に荷物を取りに戻った間に、吐いたようです。


嘔吐で苦しいときに、置いて行かれて不安だったのでしょう。

帰って来て玄関を開けて顔を見たのに、、、
又、出て行ってしまった・・(実際は車に荷物取りに行っただけなので、数十秒です。)
カイは、不安だったに違いありません。

カイは、超のつく、寂しがりやさんなのです。

「ごめんねごめんね、又吐いたの? もう帰って来たからねー」
と言いつつ、玄関マットを持って、洗面台に直行。
マットを洗面台で洗って綺麗にして、ヤレヤレ・・・と、リビングに入ったら。


入ったら!!!!!


カーペットの上は、一面、白い泡の海になっていたのです。。。

大袈裟ではないですよ~!!!

あちらこちらに、白い泡、泡、泡・・・。

私は、その場に立ち尽くして、言葉もありませんでした。


・・・こんなに、吐いたのか・・・。

人間の子どもなら、とっくに脱水になっているレベル。

汚い画像で申し訳ないけど、1回量は、コレくらいです。↓
吐いたのを、そばにあった食器皿で受けました。
P1030588a.jpg
(後で計ってみると、50㏄くらいある感じ。50×30回で、合計1500㏄吐いたわけでは無いだろうが・・。汗)

白い泡は胃液。黄色い液体は胆汁だそうですね。


本当に泣きそうになりました。
カイ、大丈夫なのかよぅ・・・。
カーペットに、10カ所くらい。
拭いても拭いても、綺麗にならない。。
もうこのカーペット、無理だ・・・。
体が疲れているからか、泣けてきます。
一人で戦っているものだから、泣けてきます。

誰か、カイを助けてよー-

カイが死んじゃうよーーー

どうなっちゃうんだよーーー

助けてよーーーーーー。

エーンエーンエーンエーン・・・


だけど、幸いにも、カイはグッタリとはしていませんでした。
私が、カイ姉②の塾送りから帰ってきて安心したのか、
逆に私に寄って来て、
「ママちゃん、どうしたの?元気出して。」と優しい目で見つめてくれるのです。


新米飼い主といえども、ここでへこたれていてはいけません。

冷静に、これからのことを考えなければ。

嘔吐症の対応は、子ども達3人育てた中で、何度もやったはず。
早急に注意することは、脱水か。
もう夜だし、落ち着いて、対応しよう。

カイの舌も鼻も、乾燥していない。
比較的、元気もある。
毒物なら、全部吐ききってしまった方がむしろいい、
嘔吐を恐れず、きちんと対応しよう。

幸いにも、その後、
玄関マットに吐いたのを最後に、
カイは吐かなくなりました。
午後8時前でしょうか。

本来なら、暫く絶食なのかもしれませんが、
吐いた回数が多いので、
水分は入れておきたいと思い、
様子を見ながら水分を開始。
30㏄ぐらいをあげてみて、吐かなければ、10分後に再度30㏄あげて。

水のみ。30㏄×3回。

それで、その後も吐かず、元気があったので、

午後10時15分に、フード30gをお湯でふやかして与えました。

さらに、1時間半後の11時45分に、又30gのふやかしたフードを。

今日の夕食は、半量ですが、これで終了。
水分は、時々時間を見ながら、少量ずつを与えます。


次の日の朝、6時50分、フード50g。ふやかさずそのままで。

9時、フード60g。

これで、大体、いつも通りに戻ってきました。

嘔吐はありません。


突然の嘔吐の嵐も、一山越えたようです。


結局、この嘔吐は、なんだったのでしょうね。

ウイルス性胃腸炎???
それとも、呼吸困難、下肢麻痺に続いた、次の症状だったのでしょうか。


しかしどうして、治ってきたかと思ったら時間を置いて、次から次へと、キッツイ症状が飛び出してくるのでしょう・・。(ノД`)


まだ、おすわりはしません。

カイは、治るのでしょうか?


<<続きます>>




☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

結局、原因は?

さて、次の日。

私は、仕事でした。

カイも随分元気になったので、一人でお留守番も、もう大丈夫でしょう。

朝も、まだ「おすわり」はしませんが、
無理強いせずに、そのまま、ご飯をあげ。

私は仕事に出かけました。


2時半ごろ、仕事から戻り、カイにおすわりをさせてみますが、

やっぱり、拒否です。。。

う~ん、機嫌はよいのだが。
やはり、痺れや違和感があるのかなあ?

先生に、お散歩に行っても良いと言われていたので、
呼吸困難になる前日に行った、
近所のお山公園に、行くことにしました。

こうして散歩していると、
この犬が、今、おすわりが出来ないなんて、
誰が思うでしょうか?

それくらい、いつもと変わらない、
おしっぽフリフリの、カイなのです。

公園に着くと、公園ボランティアの服を着たご婦人が、
しゃがんで、雑草を刈っていらっしゃいました。

そこで、勇気を持って、問いかけてみました。

私「あの~、お忙しいところすみません。ここの草を刈っていて、最近、草の中で、毛虫などが死んでいたり、蜂が沢山死んでいた・・って事はないでしょうか?」

ご婦人は最初、「は?」という顔をされましたが、
カイの状態を話すと、カイを心配してくださいました。

ご婦人のお話によると、

草の下に虫がいることはよくあるけれど、
特に気になるほどではない。

蜂の死骸は・・・、特に、見かけていない、という事でした。

ただ、「あっ!」と思い出してくださったのが、
最近、草抜きのボランティア仲間の方で、
特に、虫などにさされた記憶がないのに、
急に足が真っ赤に腫れて、びっくりして病院に行った人がいたらしいです。
病院では、蜂かなと、言われたらしいです。

蜂にさされて気がつかないこともあるのかしらん??


その後、そのご婦人、

ご婦人「わぁー、この犬、コリーですねえ!!! 姉のところで飼っていたのです、もう賢くて賢くて!」

と話し始めて、
しばらく、「コリー賢い談義」に花が咲いた後・・笑

私はご婦人にお礼を言って、お別れしました。
(あ、ご婦人に言ったっけな~?? 「この子、コリーじゃありません。シェルティーです」って。(^0^;))


う~ん、やっぱり、何もかも否定できないってことですね。
今年は、10月になっても、まだ30℃を越える日があったり、
異常気象ですしね。
どこかでは、毒蜘蛛も出たと言うし、
草の中のハ虫類系にも、多少の影響は出ていそうな気がしますね。。


帰り道で。

でっかいミミズが死んでいる・・と思って
通り過ぎようとしたら、


※ グロ注意!!!!! ↓


IMG_0061a.jpg


ミミズではなくて、、、、

※ もっとグロ注意ッッ!!!!



IMG_0062a.jpg

小さな蛇でした。。。キャ~~~!! 合掌


いつも普通に歩いている道です。


ゾッ。


何がいてもおかしくないんだ、、、と、再認識。
普段ならグロいものは見ないワタシが、
思わず、写真を撮ってしまいました。


夜、まだ少し、後ろ足がおかしく、
たまに引きずっているような様子はみられましたが、、、

この日、カイは、呼吸困難のあった日から振り返って、初めて、、、
へそ天
に、なりました。

P1030586a.jpg

何か、ワタシの胸に、熱いものがこみ上げてきます。

祝・祝・祝 へそ天!

カイ兄に、撫でてもらってます。
もう苦しくないから、上向いて、寝転がれるんだね・・・うっ

へそ天って、こんなに、感動的なポーズだったんだ・・・


呼吸困難のあった日から、4日目の事です。



<<続きます>>



☆ランキングに参加しています☆
画像をクリックお願いします。↓
誕生日の日のおすわりです。今では、とても懐かしい・・・。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

「おすわりしない」のは、わがままか?

更新遅くなりました~~
その上、記録も含め丁寧に書いているので、もう少し続きそうかも~~。汗

----------------------

さて、カイですが、
1日明けて、次の日の朝。

カイは随分と元気になりました。

呼吸は全く正常で、ご飯はバクバク食べるし、普通のいいウンチもちゃんと出ている。
ニコニコしてるし、スタスタ歩くし、嬉しそうに飛びかかる時もある。


全く正常じゃん・・・と思いますが、一点、気になることがあります。


それは、

「おすわりをしない」

ということ・・。


昨日、病院では、立ち上がる時ちょっと変ではありましたが、
「おすわり」と言えば、していました。

でも、家に帰って、「足が痛いのかもしれない」と、ご飯の時も、
いつもの恒例芸
「おすわり」「おて」「おかわり」「ふせ」
をしないでも、ご飯やおやつをあげていました。

そしたら、いつのまにか、「おすわり」と言っても、全くしなくなりました。


なんでおすわりしないのだろう・・・。。。
やっぱり、足が痛いのかな・・・。


足の状態を見るため、
とりあえず、ご近所をくるりと一周、散歩に出ることにしました。


散歩の準備をしていると、大喜びし、(いつも通り)
外に出たら、はしゃいで私にジャンプして飛びかかり、(いつも通り)
オチッチするときは、右後ろ足を上げて、悪いはず?の後ろ左足で体を支えている。(いつも通り)

当然、歩き方はスタスタ。

う~ん、、、あまりにも、いつも通りじゃまいかっ!!!



・・・もう私は、わけが分からなくなってきました。



なんなのなんなの!
足が痛いの?
でも、動いてるし、支えてるし。。
おすわりしないのは、甘やかしたからわがままなの~~??


・・・・でも待てよ、、、とふと考える。

犬がおすわりをしなくても、困る事ってあるのだろうか?

別にご飯は立って食べるし、
オシッコも四つん這いだし。
おすわりはしないけど、寝る体勢になるのは問題ないから。。。


・・・ありゃ~!!! 犬にとって困る事なんてないじゃな~いっっっ


もうカイは、一生おすわりしない犬になってしまうのか・・・
しつけられていない犬に見えるだろうなぁ、、しつけ教室にはいけないなぁ・・・
などと、大したことではないことを、漠然と考えてみたり・・。苦笑



さて病院は。。。

昨日とあまり状況変わらず。
異変と言えば、「おすわり」をしない事ぐらい。
もう2.3日様子をみて、状況の変化を見て、病院に行った方がいいのではないか。


素人が考えても、よく分からなくなるだけなので、
昨日若い先生にも言われていたし、病院に電話をして、先生に相談することにした。


「おすわりをしないこと以外は、昨日とかわりありません。本人はすごく元気です。」
と伝えますと、
電話口にでた、昨日の若い先生は、
「おすわりをしないとか、完全に普段通りでないのなら、レントゲンを撮った方がいいかもしれませんので、
一応、連れてきてください。」
と言われました。

こんなにしっかり歩いてても、やっぱりレントゲン、撮った方がいいのか・・・。

慌てて用意をし、
午前の診察時間、ギリギリに、病院に着きました。


病院内は、日曜日だった昨日とはうって変わって、スタッフが沢山。

受付には、お姉さん。
診察室には、動物看護師さんと思われるピンクの服のお姉さん2名。
青い助手服の、若い先生?2.3名。(昨日の若い先生も含む)

そして、椅子には、ドドドドーーーーーーーンとっ!!


ヒゲの院長!!!(なんか迫力~~っ)


が、座っていました。


私が話している間にも、
どんどんカイの体を触って、診察していく院長。

すごい手早い。

さすが。。。と思わざるを得ない。


そして、この時は、カイ姉②がiPodで撮った呼吸の動画も、先生に見せました。


「原因は何でしょうか?」

恐る恐る私は聞く。

院長先生にも、昨日と同様、私はペラペラペラペラペラペラと疑わしいことを喋る。

そしたら院長は静かにこう言われました。


「それって、全部、 想 像 ですよね。」


「!!!」


そうなんです、すべて私の想像なんです。

何か玩具とか食べちゃいけないモノを食べたかもしれない
アキレスが詰まっているかもしれない
虫とか蜂を踏んだかもしれない
殺虫剤系の物を食べたかもしれない

全部、明らかに見ていたものはないのです。

つまり、先生のおっしゃりたいことは、

「明らかにその場を見ていないのに、今元気な子に、想像で治療をするよりは、
今の状況から判断して、今の状況に必要な事をする方がいいでしょう。

もし何か踏んだとしたら、症状から考えて、多分虫ではなくて「蜂」でしょう。
アナフィラキシーを起こしたのかもしれません。
でもアナフィラキシーなら、今後は治っていく方向へむかっていくので、
逆に良かったですよ。」

と。。

そして、「レントゲンは、2.3日して、やっぱり変だったら撮りましょう。
今、体を触って診察しましたが、骨も靱帯も、全く悪いところはありません。
おすわりしないことも、もう少し様子をみてください。」と言われました。

おすわりしない理由は、教えて貰えませんでした。

そして、又、
薬無し、検査無し、
で、病院を後にしました。。。


カイがおすわりしない動画を、1つアップします。
最後に、横座りにはなりますが、「おすわり」にはならないです。



パソコンの向こうのハイジな方っ!カイの心の中をよんでみてくださいまし・・・
(※ハイジ=志村動物園に出てくる動物の心が読める超能力のある外国人女性)



<ご心配をおかけしております。あと3回ほど、続きます>>




☆ランキングに参加しています♪
下の画像をクリックお願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


やっぱり後ろ足に力が入らない。軽い麻痺のような?

遅くなりましたが、前回の続きです。
数日前に書いた記事、消えた・・・・トホホ。


-----------------------

次の日の朝6時。
私がウトウトしていた間に、なんと、カイの呼吸が治っている。

な、な、なんとーーーーーーっ (; ;)ホロホロ

私が眠っている間に、何があったのだろうか??

わからない。
わからないけど、
神様仏様!!
カイを助けてくださった!感謝!!!

呼吸さえ安定してくれれば、病院が開く9時まで、急を要することはないだろう。
ヤレヤレだ。
ちょっと安心し、今のカイを観察する。

すると、オヤ??

立ち上がるとき、変。

後ろの左足を完全にあげている。
2.3歩、ケンケンをしてから、左後ろ足を床に付く。
そして、その後はスタスタと、ふつうに歩いている。

???

昨日の朝から、足がちょっと変だ、とは思っていた。
でも、呼吸に必死で、それどころではなかった。

おすわりから立ち上がるときに、前足に体重をかけて立ち上がるため、
立ち上がるのに、時間がかかる。

畳のような、滑りやすいところでおすわりすると、
後ろ足に力が入らない?のか、前足が少しずつ滑っていく。

う~ん。。。
不自然だなあ。

骨折やひびというよりは、
どちらかとうと、軽い麻痺っぽい感じ・・・。


ここで動画です。
又も、カイ姉②が、昨日の夕食の様子を、iPodで撮っていました。
まだ呼吸困難があるので、呼吸音が「グーグー」言ってます。
立ち上がって食べるのが、辛いようで、途中まで寝て食べていますが、
最後の方は、食べにくかったのか立ち上がります。
その、おすわりから立ち上がる様子が、2分15秒辺りからです。



しかし、不思議なのは、足に問題があるのに、四つん這いになると、スタスタと歩くことです。
後ろ足を引きずることもありません。

呼吸と足の力が入らないことは、無関係なのか?
それとも、連動した理由なのか。


原因をみつけようと、いろいろ思い出してみる。

カイの体調が悪くなる前日のお散歩は、
午後2時すぎ~3時すぎ頃までの1時間。

そういえば、お散歩中、急に大きく飛び退いたことがあったな・・・

カイの散歩コースには、30㎝くらいの枝が落ちているのは、日常茶飯事。
枝の端を踏んでしまうと、当然、枝の反対の端が持ち上がる。
それにビックリして飛び退く・・・のは、いつもの光景である。

IMG_0060a.jpg
(こんな感じの空き地横を歩くこと多し)

しかし、その時は、軽く「キャン」って声が出て、いつもより大きく飛び退いたよなぁ。

あまり気にしなかったが、
もしかしたら、その時、蜂の死骸でも踏んだのだろうか?

この一連の症状は、蜂の毒のせい、なのだろうか?

草の中を通ることがあるので、
蜂じゃなくても、毛虫やムカデ・・、
なにかしらの毒虫を踏んでいても、分からないか・・・。

毒による物だとすると、呼吸にきて、足が痺れて軽い麻痺症状が出ても、
話は合うか・・。
しかし、毒って、12時間以上たってから、症状が出たりするのか・・??
肉球に異変があったり、足が腫れたりはしていない。

散歩中、たまに草の中に鼻を突っ込んでいる時がある。
多分、他所の子のオチッチだろうが、草を舐めている時もある。
草に強~い農薬が、かかってたら・・。
草の中に、殺鼠剤みたいなものでもあったら・・。
食べている可能性はゼロではないか。
毒物には、体に入って暫くしてから症状の出る、遅延性のものもあるよね・・。


いろいろ考えている間に8時半になる。
とりあえず、疑問に思うことは、全部、先生に話してみよう。

異物に対する処置をする可能性も捨てきれず、
内視鏡やレントゲンが出来る病院を選んだ。
内視鏡をする場合を考えて、朝ご飯は抜きだ。

万札を数枚、財布の中に入れ、
カイ姉②と一緒に、病院に向かう。


何をするのか・・?
ドキドキしながら、初めての病院へ。


連れて行った病院は、日曜だが平常の診察時間だ。
が、日曜日は、院長先生はいないらしい。
若い先生が2人いた。
一人は研修医の先生だった。

呼吸が元に戻っている今、先生の目に見える問題点は、
足を引きずっていることだ。

骨折はないか?
靱帯は?

手で触って診てくださるが、異常は無いらしい。

昨日1日の呼吸の件、
誤食の可能性がある件、
散歩中に、虫を踏んだかもしれない件、
散歩中に、時々草に鼻を突っ込んで、草を舐めている時があるので、除草剤や殺虫剤系の何かを、食べていても分からない件、
ペラペラと話す私。

もう、ペラペラペラペラペラペラ。苦笑


先生は、もうちょっとしっかり診たいということで、
夕方頃まで、カイを預からせて欲しいと言われる。

初めての病院で、少し心配だったが、
他にも待っている患者さんがいたので、
病院に預けて、帰ることにした。
「もし、レントゲンとか何か検査するときは、検査する前に必ず私に連絡してください」とお願いして、
後ろ髪ひかれつつ、私とカイ姉②は病院を後にする。

カイは初めて、一人置き去りにされる。。。


昼前に、パパさんが帰ってきた。

又、ペラペラペラペラ喋る私。笑

後ろの左足を床に付かないことや、立ち上がるときがスムーズじゃないことを話すと
「前々日の散歩の時、カイすっごい転んだんだ。頭も強く打って。骨折もあるかもよ~。」

(ま、マジか・・。。しかし、今頃なにその、後出しジャンケンみたいな情報・・・(~_~;))


そして12時半頃、病院から電話がある。

先生「診ましたが、元気そうなので、迎えに来てください」

予定より早かったが、病院に迎えに行く。

病院に着くと、私たちの声か聞こえたのか、隣の部屋からカイの遠吠えが・・苦笑

先生は

「スタスタ歩いているし、ご飯をあげたらバクバク食べるし、今の様子をみる限り、問題はありません。」ときっぱり。

カイを連れてきてもらう。
パパさんを見ると、飛びかかる。
昨日は無理だったのに、今日は飛びかかれた。

その場でおすわりをさせてみる。
うーん、立ち上がるとき、やっぱり少し変。
微妙だが、飼い主の私たちには分かる。

先生は、
「明日は、院長の診察もありますし、良くなっていてもとりあえずお電話をくださいね。」と言われた。

その日は結局、先生が体を触る診察のみで、検査も薬もなく、
帰宅した。

夕ご飯も普通に食べ、
夜にはなんとパパさんに、オモチャを持って行き、
遊びのおねだり。

P1030578a.jpg
調子悪いときは、こんなことしなかったよ~(; ;)ホロホロ


よくわからないけど、何でもいいからとにかくこれで、元気になってくれれば良し。(*^^)


・・でもまだちょっと、変な症状は続くのです。


<<続きます>>




☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

怖いよ~突然、カイが呼吸困難

タイトル、怖いですが、ガチ話です。
画像無しですがご容赦を。


いつもと変わらぬその日の朝。

パパさんはとっくに仕事に出かけ。

子ども達は順番に起きてくる。

慌ただしい朝。

カイはいつものように、ピアノの前のフローリングの上で、寝ていました。


ふと、たまたま立ち上がるところを見たとき、「あれ?何か後ろ足が変??」と思ったのです。

でも、立ち上がった後は足を引きずるわけでもなく、スタスタと歩いています。

気のせいかな・・・?

でも、やっぱり何故だか少し、元気がない。

「カイ!」と呼んでも、いつものように、シャカッ!と起き上がって、近づいてくる風もない。
カイ兄が二階から降りてきても、飛びかからない。
オモチャを持って、遊ぼうと誘わない。

「ご飯だよ~」と言うと、
いつもなら嬉しくって、ダイニングテーブルの周りをクルクル回るのですが、
それもない。

ただ、ご飯を与えると、
いつもよりは勢いはないものの、しっかり完食し、
ちゃんと、普通のウンチもしています。


う~ん・・・・。


変だな~と思いつつ、様子をみていたら、
午後から、徐々に、
呼吸時に、喉の辺りで変な音がするようになります。

さすがに異変に気付く私。

まるで何かが引っ掛かっているような・・・・



・・と書くと、犬の飼い主なら、一番に思いつくのが、やっぱり誤食による異物でしょう。

何か、悪いもの食べた??

でも、今、特に、何か悪いものを食べた心当たりはない。

ネットで調べまくると、
異物を食べて、暫くは平気だったが、
胃や腸の入り口などで引っかかり、
随分と時間がたってから、つっかえて、急に苦しむことがある・・・

酷い例では、2年前に食べたボールのかけらが引っ掛かり、
2年後に異変が起こって手術したケースもあるとか・・・


食べちゃいけないモノでカイが食べたもの・・・

最近のことで思いつくのは、

オモチャのぬいぐるみの綿?

他には、掃除機かけたとき、カラカラと音が鳴ったので見ると、プラスチックの破片を吸い込んでいた。汗
破片は、尖っていたり変な形をしていたけど、カイが噛んだ跡があったから、少しは食べたか?
尖った物を食べた??

それか、前日にあげた、牛アキレス!
途中まで夢中で食べていたけど、突然、無くなった! 丸呑みしたみたいだった・・・汗汗


思いつくのは、いくつか・・というか、いっぱいありすぎて、蒼白。。


この呼吸音だと、何か大きなものが引っ掛かってるように思えた・・。


一番、疑わしいのは、アキレスか!?

そう思って、背中を叩いたりした。
もしアキレスなら、胃の中にさえあれば、いつか消化するはずだ・・
変なところに引っ掛かってさえなければ・・・

しかし、誤食で、嘔吐がないのも、変な感じではある。
時々、口をモグモグとする。
これは、嘔気のせいなのだろうか?

下痢でもなんでもして、悪いものを体外に排出してくれたら・・、と思って、
ヨーグルトをあげてみたり。。

ちょっと無理矢理な感じはするが、この際、なんでも試したい心境。


運動したら、動くかな?(動くとマズイ場合もあるか・・)

午後3時半頃、様子を伺いつつ、恐る恐る散歩に出てみる。

「おさんぽに行くよ」と言っても、いつもみたいに激しくジャンプしては喜ばない。
でも、散歩には行く意思はあるみたいだったので、
とりあえず、ウンチに悪いモノが出てくれたらいいな・・と思って、
散歩に行く。

散歩中、ウンチは2回。
1回目は、ゆるめ。
2回目は、下痢。
下痢は、ヨーグルト効果か?
ウンチの色は、黄土色。血が混じった時のような、赤かったり黒かったりするウンチではない。
出血はなさそうだなあ・・。


散歩中は、リードを引っ張らない。
あまりクンクンしない。

やっぱり元気がない。

いつもなら1時間は行く散歩だか、30分で切り上げて、家に帰る。

これはダメだ・・、完全にいつもと違う、と思いつつ、
この時はまだ、そのうち治るかなぁ・・と期待もしていた。


それにこの日は、
私は夕方5時から、仕事の集まりがあって、夜遅くまで出かけなくてはいけなかった。

カイ兄はバイトで深夜帰り。
カイ姉②は、塾で夜遅い。

カイ姉①がめずらしく早く帰って来て、
カイの様子をみていられるというので、
異変があったらすぐにメールするように頼み、
とりあえず、出かけることにした。

この日、パパさんは仕事で泊まりで、明日の昼まで帰ってこない。


カイの行きつけの動物病院は、7月31日で突然、閉院になってしまっていた。

かかりつけ医がないのもあり、病院は、出来れば、パパさんが帰ってきてから、
一緒に連れて行きたいと思っていた。

会合中、カイ姉①からのメールはなかった。

落ち着いているのかな・・と思って少し期待して帰宅したが、

状況は、むしろ酷くなっていた。

かなり離れていても、
イビキのような?ブタの鳴き声のような?、呼吸音が聞こえる。

横にゴロンとなって休むことも苦しいのか、フセをして頭を下げた姿勢でいる。

意識はしっかりしていて、私の方を見ている。
口を閉じると、吐くときに、鼻からグーグーという音がする。
そのうち苦しくなって、大きく「フーーー」と息を吐くときもある。
口を閉じていられなくて、時々口をパカッと開けて、激しくパンキングする。
全く動いていないのに、まるで散歩後のような激しい呼吸である。
呼吸がうまくいかないので、時に頬が膨れたりも・・


さすがに、救急動物病院を探し始める。

でも、探せば探すほど、不安になるばかり。

呼吸はあきらかに異常なまま、夜が白々と明けていく。

幸いにも、次の日は日曜だったが、日曜の9時からやっている動物病院を近所にみつけた。
ここは、近所の人に評判を聞いたことかあるので、少し信頼感がある。

もうパパさんの帰りを待ってはいられない。
ここなら、私と娘で連れて行けるか。
それまで、どうか、このまま何事もなく・・・

今夜は眠れないと、覚悟する。
私一人の、怖い夜。

ところが、なんと私は、朝方、うっかり眠ってしまったのだ。

目が覚めると6時。。


辺りを見回すと、側で寝ていたカイがいない。

辺りに響いていた「ゴーゴー」の音も聞こえない。

まさか、呼吸が止まったのでは、、、、声をかけるのが怖い。

張り詰めた、朝の空気。


どうしようどうしようどうしよう。。

こんなにあっけなく、犬は死んでしまうのか・・


勇気をふるって「カイ」と呼んで探したら、リビングのフローリングの上で寝ていた。

目が開いて、こちらを見ている。

生きてた!


<<続く>>


なんと、カイ姉②が、iPodで動画を撮っていました。
後に病院で、先生に「動画を撮っていませんか?」と聞かれて、
あ~撮ってない!!と思った私です。
よく撮ってたな~と思うのですが、これは夕方頃の動画で、まだ体を横にゴロンとして、寝られた頃の動画です。
音を大きくすれば、カイの呼吸音が聞こえると思います。(カイ姉②の声も少し入っているので、音量は注意してください。)


カイ姉②が「カイ・・」と声をかけると、耳がピクッと動いています。




☆ランキングに参加しています☆
バナーをクリック、お願いします↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


カイ1歳の誕生日・ケーキでお祝い編

前回の続きです。

カイと六花ちゃん、しばし遊んだ後、
ケーキタイムとなりました。

わんこ達にとっては、生まれて初めてのケーキです。

P1030428a.jpg
『愛犬といっしょに“食”を楽しむために、開発しました』
今時の犬ケーキは、人間も一緒に食べられるんだね~。
ほぅほぅ。

帰りは、車に長く乗る六花ちゃん。。
初めてだし、ちょっと心配だったので、
カロリーが一番低くて、
シンプルなケーキにしました。

ろうそくを立てると、一気に誕生会っぽくなり。

DSC_0953a.jpg

火を付けると、

わ~ぁぁ!

と親たちは盛り上がりますが、風ですぐ火が消える。笑
犬たちは、待ちきれない。苦笑

♪ハッピーバースディ♪の歌を一通り歌ったら、すぐに
試食タイムとなりました。


ここで、下の3枚の写真をご覧ください↓ 笑

DSC_0957a.jpg

DSC_0958a.jpg

DSC_0959a.jpg
(間違いさがしクイズではありません。)

カイはほとんど同じポーズですが、六花ちゃんは落ち着かない?? 笑

その後・・、カイはムシャムシャ。
DSC_0960a.jpg

ここで、後ろの空っぽのお皿にご注目。

ママ達の、
「アレルギーは大丈夫?」
「ケーキ、食べるかしら? 1口でも食べてくれたら嬉しいな~」
「食べなかったら、持って帰ってね。帰り車だし、無理して食べさせて吐いたら大変だし・・」

なんて心配をものともせず! 笑

六花ちゃん、

パクッと!

躍りかかるようにくわえて、一瞬で食されました。
当然、速すぎて、写真はありません。爆

パパ&ママ達は、大爆笑。
元気良くて、嬉しくなっちゃいました。
若いね~!


六花ちゃんのママが、可愛い風船をカイにくださいました。
DSC_0965a.jpg
二人とも残念! 食べられませんよっ


その後、プレゼント交換となりました。
「鹿の心臓」と「ブーメラン」
素敵なプレゼントを、ありがとう!

DSC_0995a.jpg
鹿の心臓は食べられるよ。でも、とびきりイイコにしてた時にね。笑


DSC_0996a.jpg
(^0^;)


とっても楽しいひとときとなりました。


今度会えるときは、もう大きさは止まっているだろうから、
きっと被毛の伸びが変わっているよね。
モフモフになるかな?
楽しみです。

六花ちゃん&パパさん&ママさん、
この日は遠方から来てくださいまして、本当にありがとうございました。
六花ちゃんに会えて、とても嬉しかったです。




☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜

カイ、1歳まで、元気に育ってくれてありがとう。
大変だったこと、
悩んだことも、
いっぱいあったけど、
やっぱり、やっぱり、
理屈抜きで、可愛いよ。

何も言わずに、いつもそっと側で見つめてくれるまなざしに、
私は、何が返せるかな?

未熟な飼い主ですが、これからも、どうぞよろしくお願いします、
我が家の、ちょっと大きめのアイドル、カイへ。

お誕生日、おめでとう!!





☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

カイ1歳の誕生日~もう一人の主役~

平成24年9月22日。

カイ1歳の誕生日の前日のこと。

イベントを企画しました。
3日程前に、突如決まった、やっつけイベントではありましたが~~~汗


そう、カイが、1歳だということはっ!!!


このブログを偶然見つけ、、、

記事から、
我が子と誕生日同じ、特徴も似ているので、もしやっっっ!!!!
と連絡をくださり、
その後、血統書等からカイの同胞の兄妹(姉弟)だと判明した、、、
この記事、参照)

カイのきょうだいの、あの子・・・、
ロッカちゃんも1歳だということでは、あ~りませんかっ!!


今年4月1日にお会いしてから、約半年ぶり。


うわあああああ、会いたぁぁいよ~♪


ってことで、公園で、待ち合わせを致しました。


カイ家の方が先について、現場で待っています。
わくわくわくわく。
わくわくわくわくわくわくわくわく。


その時、あちらからやってきたのが、
本日の、もう一人の主役。

DSC_0878b.jpg

大きくなった、六花ちゃん。
犬って男女差があるものなのね~
カイと比べると、明らかに女の子の顔に見えました。
お茶目なお嬢様に成長してましたよ~ヽ(^0^)ノ

DSC_0933a.jpg


血の繋がった身内がいうのもなんですが。。。

きゃわゆぅぅ~い(はぁと)

と思っちゃいました~!(*^^)v

まあ、シェルティーは皆可愛いのですがっっ


カイとご対面です。
まずは、挨拶。

DSC_0880a.jpg


犬式挨拶でも。笑
P1030431a.jpg

やっぱり、兄弟だと分かるのでしょうか?
なんていうか、すぐに『空気』のようになってしまいました。
側にいても、全然、違和感がない存在と言うか。。

DSC_0921a.jpg


似てますかーーー???

DSC_0922a.jpg

で、では、前から撮った写真で、見てみましょう~。(^0^;)

DSC_0950a.jpg

DSC_0951a.jpg
カイのが、舌が長い。(注目、そこ?笑)

体重差は結構あるのですが、形が似ているからか、
4月に会った時ほど、差が感じられませんでしたね。


お嬢様、性格的には、かなりフリーダム。笑

P1030450a.jpg

P1030452a.jpg


一緒にお水も飲んでます。

DSC_0907a.jpg
(カイが、六花ちゃんのお水に、割り込んだだけですが。爆)



さ~、この後、ケーキタイムです。
ケーキで一気に、誕生日モードに突入!



続きます。




☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。