スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【後編】ハムちゃんの死/動物病院/そして、動物の死について考える

赤ちゃん達は、すくすく育ちました。

画像 028a

そのうち誰が誰やら分からなくなりましたが(笑)、とにかく愛くるしい。


ハムスターって、ちょっとどんくさいんですよねー。

DSC01750a.jpg

ケースのふたを取っているのに、すぐに逃げなかったり、

DSC01748a.jpg

寄ってきたりね。
噛まない子は、指が前に来ても噛まない。


穴に潜る習性があるので、筒や、
運動不足解消のための、滑車は必需品。

滑車でカラカラ回る姿に、癒やされていました。

DSC01762a.jpg



そんなハムちゃんの、異変に気がついたのは、
ハムちゃんが、1才半を過ぎた頃でしょうか。

DSC01753a.jpg


皮膚がハゲているのです。

赤くなっていて・・・

ハムちゃん、病気!? ネズミの病気って、どうしたらいいの??

それまで、熱帯魚は飼っていましたが、
表情のある生き物を飼ったのは、初めて。
動物病院といえば、「犬猫専門」のイメージだけど、
ネズミも診てくれるのだろうか・・・

今と違って、ネットで簡単に調べることもできません。

周りの友達も、ペットを飼っている人はいません。


だけど、ハムちゃんの一大事。

私はすぐに近くの動物病院に、ハムちゃんを連れて行ったのです。



・・・その時の、緑色の診察台。

今でも、その光景だけは、目に焼き付いています。


「皮膚がハゲてしまって。」と私。

先生は、「ケースから出して、診察台の上に乗せて」と言いました。
猫なで声で、何かハムちゃんにも話しかけるようなことを言っていたような記憶があります。

ハムちゃんは、ひどく怯えていました。



その後、診察をしようと、先生がハムちゃんをつかんだ、その時。



ハムちゃんが、先生の手を、ガブッと!!!!!


噛んだのです!!!



先生は思わず、「痛い!!!」と大きな声をあげ、
噛まれた手を、力一杯振りました。


でも、ハムちゃんの牙が手に刺さっているので、なかなか離れません。

その間、2.3秒のことだったかもしれません。
ハムちゃんは、ブラブラと牙1本で、手が振られるがままに空中で揺れていました。


そして、やがて、ハムちゃんの牙は、先生の手からはずれ・・・・、

ハムちゃんは、「キィィィィィィィィ」と、ものすごい声をあげ、
緑の診察台に、たたきつけられたのです。


先生の手からは、血が流れていました。

その後、先生は苦笑いしながら、
助手の人にも指示して、ハムちゃんを今度は慎重に押さえつけ、
診察をしました。

皮膚のハゲは、皮膚炎ということでした。

塗り薬を2週間分いただいて、
私は、ハムちゃんの入ったケースを抱えて、家に帰りました。



そして、


その五日後、


ハムちゃんは、死にました。






・・・いろんなご意見があるだろうけど、あえて書きます。

私は、病院に連れて行ったことを、後悔しました。

その時のハムちゃんの年齢は、1才半を過ぎていた・・
皮膚だけじゃなくて、体力も弱っていた。
そろそろ寿命も近かったんですね。

診察の時のハムちゃんの怯え方は尋常じゃなかった。
ものすごいストレスの中で、多分ハムちゃんは、
先生の手が、自分を助けようとしてくれている手だと分からずに、
最後の力を振り絞って、先生に立ち向かい、体力を使い果たして、
死んだのだと、思ったのです。


私は弱っているハムちゃんに、余計な苦しみを、与えてしまった・・・・。


先生は、悪くないと思います。

多分、慣れないハムスターを相手に、やるだけのことはやってくださったのでしょう。


ハムちゃんは「ネズミだ」と、その時、私は、深く深く、認識したのです。

「ネズミ」には「ネズミ」の幸せがある。

人間の私の価値観で動いても、それは、ハムスターのためにならないことがある。

若い仔で、明らかに治りそうな怪我などの場合を除いて、
寿命がきたらば、それ以上の治療はせずに、
そっと、見守ってあげようと。
それが、ネズミにとっては、幸せなのではないかと。


今はもう、我が家にハムスターは一匹もいません。

みーんな、お星様になってしまいました。




そして、今。

我が家には、カイがいます。

単純で、素直で、甘えん坊で寂しがりやのカイがいます。


犬はネズミより、もっともっと高等動物です。

ですから、カイには、治療も、当然必要に応じてしていただきますし、
私も、飼い主として、できるだけのことはしてあげるつもりでいます。

ですが、飼い主の判断は、とても大切だと思っています。

数ヶ月前の、謎の病気の時もそうでしたが、
あの時は、信頼していたかかりつけの動物病院が閉院していたのは、痛かった。
よく知らない病院に深夜に連れて行き、
若い先生しかいないのに、入院になり、カイを預け、
原因不明で、もしも、もしも、一人で寂しく不安の中で病院で亡くなったら・・・、

私は、たえられないと思いました。

あの時・・、ネックはカイの表情でした。

あの状態でも、ご飯を食べられる、カイにまだ持ちこたえられる体力があると判断したので、朝まで待てた。
何度も吐いたときも、その後ぐったりしてなく、ピタッと嘔吐を繰り返さなくなったので、
嘔吐が止まっているのに下手に病院に行って、変な検査で体力を奪ってほしくない・・と思って、
連れて行かなかった。

結果的に、それは正解の判断でしたが、
それって、たまたまですよね。
吉と出るか、凶と出るか・・、紙一重ですよね。

カイを、初めての病院に連れて行って、見知らぬ先生に診察され、原因不明のまま、家族のいないところで一人で亡くなっていたら、私は間違いなく後悔した。
カイを病院に連れて行くのが遅れ、突然急変して、急いで病院に連れて行ったが、亡くなってしまったら、やっぱりそれも、後悔したでしょう。


生きている動物を飼うということは、命と向かい合うってことですね。

まだまだ新米飼い主ですが、カイの心の声を聞ける飼い主に、
なりたいと思っています。(^^)

いい獣医さんとの出会いにも期待。
今の動物病院は、診察の度に違う先生なので、まだ信頼関係が築けてない・・・。沈
これからの課題だなぁ。



(きゃ~、今回、マジ記事だわ、らしくないわー。どん引きの人、ごめんなさ~いっっっ。(^0^;))




☆ランキングに参加しています☆
可愛いハムちゃん画像をクリックしてくれると嬉しいで~す♪↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

【前編】ハムスターの思い出

今から10年くらい前、私たち家族は、賃貸マンションに住んでいました。

賃貸マンションでは、犬や猫のペットは飼えません。

そこで、ハムスターを飼っていました。
懐かしい話です。

今回は2回に分けて、ハムスターの思い出を書きたいと思います。

昔ですから、写真もあまりありませんが・・・


画像 023a


ネズミって、可愛いですよー。

噛む子と噛まない子がいましてね。

噛まない子は、抱っこもできました。

たまに脱走しては、大騒ぎで探して。

押し入れの埃だらけの隅っこに入り込んだり、
家具と家具の間の、手の届かない隙間に入り込んだりして、
当時、幼稚園児以下だった子ども達と、
必死になって捕獲作戦。
最後はえさで釣って、引っ張り出して、無事捕獲。

可愛がっていました。

画像 038a
(次女と。)


最初、メスを飼ってました。名前はハムちゃん。

そのうち、オスも買ってきて。名前はスター君。(なんて単純なんだ)

画像 041a
(長女の赤いスカートの上)


ある日、二匹を、一緒のケースに入れてみたのです。


ご存じの通り、ハムスターはネズミの仲間。

『ネズミ算』という言葉があるように、
どんどん、あっという間に繁殖する。
増えすぎたらどうしよう・・と心配ではありましたが、

やっぱり、赤ちゃんが見たい!!

1回だけ・・・1回だけ・・・、出産させてみたいなーって。


案の定、ハムちゃんはすぐ妊娠しました。

わらに潜ってたりして、あんまり様子は分からなかったけど・・・。


ある朝のこと。
ワタシは、たまたまトイレで、朝5時に目が覚めたのです。

トイレに行って戻ってきて、ハムちゃんのケースの横を通り過ぎるとき、



「チューチューチューチューチュー」



それは、とっても弱々しく、
しかし、ワラの中のワサワサした感じ、
そして、複数のネズミの鳴き声が、確かに聞こえたのです。



「産まれたんだ!!!!!」



そっとワラをめくってみましたら、
目もあいていない、毛の生えてない、小さな赤ちゃんが5匹、生まれていました。

軽く興奮状態のワタシ。

その日の朝は、後から起きてきた子ども達も大興奮です。

5匹の赤ちゃんは、

ハーちゃん
ムーちゃん
スーちゃん
ターちゃん
アーちゃん

と名付けて、可愛がりました。(ネーミングセンスについての突っ込みは無しで。笑)

画像 040a
(フフフ・・、妙に指がいっぱいありますね。長女と次女が、一緒に持っているのですよん♪)



<<後編に続く>>



☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


犬は笑うのだ。笑うと言ったら笑うのだ。

カイ、1才半。

最近、よく笑います。

今まで、他所様のブログで、よく笑顔の写真がアップされているのを見ては、
「カイはあまり笑わないな~」
と思ってました。

ところが、最近、笑います。
嬉しいことがあると、笑います。

まるで、人間の赤ん坊が、
生まれて暫くはお猿さんみたいにムッとしているのに、
3ヶ月頃から急に、よく笑うようになるように。


で、証拠写真ですが、、、、、、




ない。(この話の展開で、何それ)


(・・・そうだ、カイは、カメラ嫌いだった。。。。orz 
カメラを向けると、とたんに警戒して表情堅い堅い。


しっ、しかし、昔の写真から探してくると、少しだけありました。汗


まずは、ウンチしたあとの写真。得意気。↓
P1030671a.jpg


これは、焼き肉のおこぼれを待っている時。ワクワク。↓
P1030468b.jpg


これは散歩から帰った後。満足してます。↓
P1030674a.jpg


今日の散歩写真。↓
DSC00254a.jpg

DSC00249a.jpg


・・・・ね、笑いますよね?

犬の笑いは、
「筋肉が動いているだけ」
「人間の笑顔を見て、笑顔の時はいいことがあると学習し、真似ているだけ」
「服従のしるし」
「犬同士では笑わないので笑わない、そう見えただけ」

学説諸々いろいろありますが、
ワタシは笑うと思います。
「思います」、なんて生ぬるい!!
笑います、絶対笑う、笑うのだ!!!!!ワッハッハ~


それも、
嬉しいことがあったとき、これから嬉しいことが起こるときに、
笑うんですもん。

心が、感情が伴う「笑い」です。


最近は、だいたい、カイが今何考えてるのか分かります。

「嬉しい」以外にも、
「怒ってるな」と思うときも(吠えないけど目つきで)、「すねてるな」と思うときも。


犬飼っている人は、特に室内で飼っている人は、
まず、愛犬の笑顔を見たことがあるんじゃないかな。
感情豊かで、甘えん坊、シェルティーは特にねー。


☆さてここで問題です。
今日のアップ写真5枚のうち、「笑顔」ではないものが1枚あります。
その写真はどれでしょう?
【答えは一番最後にあり】



ランキングに参加しています。
↓の、まぶしくて微妙な笑顔のカイを、ポチッとクリック、お願いします♪↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





※答え 4枚目の写真(後ろから2枚目)
    これは、散歩の途中で暑かったので、パンティングしてるんだよん♪
    一番最後の写真は、公園に到着して嬉しかったので、笑ってます。(*^^)v



祝☆1才半

3月23日で、カイは1才半になりました。

一時期、漫画ワンピースの、トニートニーチョッパーに似ているなぁ・・と思う時期もありました。


トニートニーチョッパーって・・・


チョッパー

この可愛い方じゃなくって・・・・


こっちの方。

チョッパームキムキ

変形した、ムキムキチョッパー・・・(^◇^;)


カイは、人間でいう、肩胛骨の辺りが盛り上がっているんです。
下向くと、ホント、ムキムキで~~汗
今より被毛が少なかった1才過ぎ頃が、特に顕著に感じたかなぁ・・。汗汗

DSC00137a.jpg
(この写真だとわかりにくいなぁ。あんまりいい写真がなくてごめんなさい)


体重も18.7~18.9㎏でほぼ横ばい、止まりましたね。
もう成犬です。(⌒∇⌒)


被毛は相変わらず、ちょっと貧毛系ですが、汗
おしりの毛は伸びてます!!

DSC00119a.jpg
(おケツ毛だけ伸びてもあんまり嬉しくない)

トリミング経験はまだありません。

シェルティーは、2才くらいまでは完全体じゃなくて、
まだ被毛が伸びるらしいので、
もうちょっと期待します。(^.^)

DSC00126a.jpg



さ、さてさて。

1才半まで、こーして無事、元気に育ってくれたので!


今日は特別なプレゼントをご用意・・・・ニヤリ


ジャ~ン


DSC00217a.jpg
(思わず逃げた)


ヤバイと、座り込むカイ。↓(ウシシ)
DSC00219a.jpg


そこで、情け容赦なく、箱から1つ取り出す私。↓(イヒヒ)
DSC00220a.jpg


ピントをカイに当ててみますと。↓
DSC00221a.jpg
苦笑・苦笑


嫌がる乙女に変態のように近づくパパさん。↓
DSC00233a.jpg


そして・・・・、
DSC00234a.jpg

DSC00235a.jpg


そろそろ暖かくなってきたので、ノミ・ダニ、要注意ですねっっ!


終わったら、別にどうってことなく、
半笑い(笑)してました。

DSC00241a.jpg

ニュースで、怖いマダニが出たって言ってますし、
今年も無事、なんとか暑い季節をやり過ごせますようにぃ~っ




☆ランキングに参加しています☆
カイのお尻毛をポチッと、お願いします♪(^.^)↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

ランでの戦い遊び、何処まで許容範囲?

♪走れ~走れ~、カイ太郎~~♪

DSC00132a.jpg

久々にランに行きました。

カイはランが大好き。

気分もしっぽも、アゲアゲ。↓
DSC00108a.jpg


早速、クンクンさせてもらいました。

DSC00107a.jpg
(真剣そのもの。笑)

久々のランだったせいか、何かというと、飼い主の所に戻ってきて、甘える様子が見られました。
遊びで友達の輪に入っては、暫くすると、親の所に戻ってきて。
まるで、人間の幼稚園児みたいです。

DSC00114a.jpg



これは↓、パパさんの所に戻ってきて、お水を見ている・・と思いきや、

DSC00115a.jpg

この子を見てます。笑

DSC00115b.jpg

遊びたいんです。


この日は、レトリバー祭りでしたねー。
ゴールデン、ラブラドールがいっぱいいて、
元気いっぱい、すごいスピードで駆け回っていました。

体が大きいですから、迫力もあります。

2匹が走りながら後ろ足で立って、前足でボクシング状態。
白いゴールデンちゃんは、頭まで土がついてドロっと。
たまにマウンテンしちゃう子もいて、さすがにそれは飼い主さんが止めてましたけど。

多分、犬たちは楽しくてしょうがないのでしょうね。
いい顔してましたから。

でも、飼い主さんにしたら、ドキドキですよね。
怪我させちゃいけないし、とにかく犬たちはスピード速いし。
飼い主さん達は、時々我が犬を呼んで、お座りさせたり、そばでじっとさせたりして、
興奮を冷ましていました。
新米飼い主の私は、
何処で止めたらいいのだろう、私はちゃんと止められるかなと、
改めて考えさせられました。


カイも1歳半・・・。

基本的には大人しい仔で、
攻撃性0、
吠えられても、まず自分は吠えない仔なのですが、
最近、たま~に、吠え返すときがあるんです。

う~ん、大人のオスになってきたのかなー・・。。。




☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします♪↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村






人間の布団を占領して寝る犬

カイが寝ています。

DSC00078a.jpg

私の布団の上ですけど。爆

それも爆睡とは・・・・汗
全く犬の自覚がありませんねぇ~っ 笑


あっ、起きた!


DSC00081a.jpg


又、寝た~~~っっ!

DSC00083a.jpg


足が4本とも伸びちゃった。
う~ん、と背伸びしているの・・・

DSC00084a.jpg


あ、又、起きた~~~っっっ!!!

DSC00085a.jpg


で、又、うとうと・・・。
足4本、宙に浮かせたまま・・・苦笑

DSC00089a.jpg

そろそろ目が覚めてきた。

DSC00090a.jpg


DSC00092a.jpg
(何、その手の延びは。)


DSC00093a.jpg

うん、よく寝てたよ。

ま る で 自 分 の 布 団 の よ う に 
よく寝てたよ、うん。

DSC00094a.jpg


いや、別に怒っちゃいないけどね。
一応言っておくと、それは、私の布団で、私の枕だから。
占領されると困るし。
カイは、多分、犬だし。
人間じゃないし。


DSC00095a.jpg


うっ。(かわいいっ

ダメだぁぁ~~!!!
ここで許してしまうから、カイに布団とられるんだぁぁぁぁああああ!!!!!



DSC00098a.jpg
ウッ・・・・。

アァ・・・負けてる。。。犬に飼い主、負けてる。。。。orz



・・・・な~んてさーー。よくある日常の一コマです。苦笑 (^◇^;)

カイはホント、人みたいに、よく私の布団で寝ます。
私の枕、枕にします。笑
ハイ、もはや、人です。爆


でもね、パパさんの布団も隣に敷くけど、その布団には入らないんですよー。

『パパさんの布団には入っちゃダメ。入るのならママの布団』と最初に教えたのです。
そうしたら、入りません。
パパさんの布団には前足一本と、あごを乗せることはあっても、
それ以上は、まず、入らないのです。

ちょっと、感心します。

賢いよねぇ。
さすが、シェルティ。(*^^*) ←親ばか


・・・ちなみに、どうしてパパさんの布団に入っちゃいけないかと言うと・・・、

パパさんの布団は、ムアツ布団、だからで~すっ。(*^^)v

(値段の)高い布団には入っちゃいけない、我が家の法則♪です。 ワハハ




☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします♪↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


お久しぶりのカイ君

カイは、この23日で、1歳半になります。

成長を書いていきたいところですね。(さぼってないで 汗)



お久しぶりのカイ君。

ふと見ると、麻呂化している時がある。


『麻呂化』ってのは、この辺りが・・・笑

DSC00002a.jpg

ちょうど、眉毛の位置の毛が黒くって、まぁ~るい眉毛に見えるんですねぇ。笑
カイは小さい頃からなんですけど。
シェルティーって、みんなそうなのでしょうか?


でも、時にはキリッともするよ。

DSC00058a.jpg
(私の布団の上で、キリッとされても微妙)


又ぼちぼち更新しま~す。



☆ランキングに参加しています☆
画像をクリックよろしくねん♪↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。