スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり後ろ足に力が入らない。軽い麻痺のような?

遅くなりましたが、前回の続きです。
数日前に書いた記事、消えた・・・・トホホ。


-----------------------

次の日の朝6時。
私がウトウトしていた間に、なんと、カイの呼吸が治っている。

な、な、なんとーーーーーーっ (; ;)ホロホロ

私が眠っている間に、何があったのだろうか??

わからない。
わからないけど、
神様仏様!!
カイを助けてくださった!感謝!!!

呼吸さえ安定してくれれば、病院が開く9時まで、急を要することはないだろう。
ヤレヤレだ。
ちょっと安心し、今のカイを観察する。

すると、オヤ??

立ち上がるとき、変。

後ろの左足を完全にあげている。
2.3歩、ケンケンをしてから、左後ろ足を床に付く。
そして、その後はスタスタと、ふつうに歩いている。

???

昨日の朝から、足がちょっと変だ、とは思っていた。
でも、呼吸に必死で、それどころではなかった。

おすわりから立ち上がるときに、前足に体重をかけて立ち上がるため、
立ち上がるのに、時間がかかる。

畳のような、滑りやすいところでおすわりすると、
後ろ足に力が入らない?のか、前足が少しずつ滑っていく。

う~ん。。。
不自然だなあ。

骨折やひびというよりは、
どちらかとうと、軽い麻痺っぽい感じ・・・。


ここで動画です。
又も、カイ姉②が、昨日の夕食の様子を、iPodで撮っていました。
まだ呼吸困難があるので、呼吸音が「グーグー」言ってます。
立ち上がって食べるのが、辛いようで、途中まで寝て食べていますが、
最後の方は、食べにくかったのか立ち上がります。
その、おすわりから立ち上がる様子が、2分15秒辺りからです。



しかし、不思議なのは、足に問題があるのに、四つん這いになると、スタスタと歩くことです。
後ろ足を引きずることもありません。

呼吸と足の力が入らないことは、無関係なのか?
それとも、連動した理由なのか。


原因をみつけようと、いろいろ思い出してみる。

カイの体調が悪くなる前日のお散歩は、
午後2時すぎ~3時すぎ頃までの1時間。

そういえば、お散歩中、急に大きく飛び退いたことがあったな・・・

カイの散歩コースには、30㎝くらいの枝が落ちているのは、日常茶飯事。
枝の端を踏んでしまうと、当然、枝の反対の端が持ち上がる。
それにビックリして飛び退く・・・のは、いつもの光景である。

IMG_0060a.jpg
(こんな感じの空き地横を歩くこと多し)

しかし、その時は、軽く「キャン」って声が出て、いつもより大きく飛び退いたよなぁ。

あまり気にしなかったが、
もしかしたら、その時、蜂の死骸でも踏んだのだろうか?

この一連の症状は、蜂の毒のせい、なのだろうか?

草の中を通ることがあるので、
蜂じゃなくても、毛虫やムカデ・・、
なにかしらの毒虫を踏んでいても、分からないか・・・。

毒による物だとすると、呼吸にきて、足が痺れて軽い麻痺症状が出ても、
話は合うか・・。
しかし、毒って、12時間以上たってから、症状が出たりするのか・・??
肉球に異変があったり、足が腫れたりはしていない。

散歩中、たまに草の中に鼻を突っ込んでいる時がある。
多分、他所の子のオチッチだろうが、草を舐めている時もある。
草に強~い農薬が、かかってたら・・。
草の中に、殺鼠剤みたいなものでもあったら・・。
食べている可能性はゼロではないか。
毒物には、体に入って暫くしてから症状の出る、遅延性のものもあるよね・・。


いろいろ考えている間に8時半になる。
とりあえず、疑問に思うことは、全部、先生に話してみよう。

異物に対する処置をする可能性も捨てきれず、
内視鏡やレントゲンが出来る病院を選んだ。
内視鏡をする場合を考えて、朝ご飯は抜きだ。

万札を数枚、財布の中に入れ、
カイ姉②と一緒に、病院に向かう。


何をするのか・・?
ドキドキしながら、初めての病院へ。


連れて行った病院は、日曜だが平常の診察時間だ。
が、日曜日は、院長先生はいないらしい。
若い先生が2人いた。
一人は研修医の先生だった。

呼吸が元に戻っている今、先生の目に見える問題点は、
足を引きずっていることだ。

骨折はないか?
靱帯は?

手で触って診てくださるが、異常は無いらしい。

昨日1日の呼吸の件、
誤食の可能性がある件、
散歩中に、虫を踏んだかもしれない件、
散歩中に、時々草に鼻を突っ込んで、草を舐めている時があるので、除草剤や殺虫剤系の何かを、食べていても分からない件、
ペラペラと話す私。

もう、ペラペラペラペラペラペラ。苦笑


先生は、もうちょっとしっかり診たいということで、
夕方頃まで、カイを預からせて欲しいと言われる。

初めての病院で、少し心配だったが、
他にも待っている患者さんがいたので、
病院に預けて、帰ることにした。
「もし、レントゲンとか何か検査するときは、検査する前に必ず私に連絡してください」とお願いして、
後ろ髪ひかれつつ、私とカイ姉②は病院を後にする。

カイは初めて、一人置き去りにされる。。。


昼前に、パパさんが帰ってきた。

又、ペラペラペラペラ喋る私。笑

後ろの左足を床に付かないことや、立ち上がるときがスムーズじゃないことを話すと
「前々日の散歩の時、カイすっごい転んだんだ。頭も強く打って。骨折もあるかもよ~。」

(ま、マジか・・。。しかし、今頃なにその、後出しジャンケンみたいな情報・・・(~_~;))


そして12時半頃、病院から電話がある。

先生「診ましたが、元気そうなので、迎えに来てください」

予定より早かったが、病院に迎えに行く。

病院に着くと、私たちの声か聞こえたのか、隣の部屋からカイの遠吠えが・・苦笑

先生は

「スタスタ歩いているし、ご飯をあげたらバクバク食べるし、今の様子をみる限り、問題はありません。」ときっぱり。

カイを連れてきてもらう。
パパさんを見ると、飛びかかる。
昨日は無理だったのに、今日は飛びかかれた。

その場でおすわりをさせてみる。
うーん、立ち上がるとき、やっぱり少し変。
微妙だが、飼い主の私たちには分かる。

先生は、
「明日は、院長の診察もありますし、良くなっていてもとりあえずお電話をくださいね。」と言われた。

その日は結局、先生が体を触る診察のみで、検査も薬もなく、
帰宅した。

夕ご飯も普通に食べ、
夜にはなんとパパさんに、オモチャを持って行き、
遊びのおねだり。

P1030578a.jpg
調子悪いときは、こんなことしなかったよ~(; ;)ホロホロ


よくわからないけど、何でもいいからとにかくこれで、元気になってくれれば良し。(*^^)


・・でもまだちょっと、変な症状は続くのです。


<<続きます>>




☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。