【嘔吐下痢・3】動物病院にて

病院に行くために、車の準備をしてから、
家の中に戻り、カイを外に出すと。

お散歩だと思ったのか、歩きたがる。


えっ。

あんなにドンヨリしていたのに。。。

歩けるの!? ホントに??

お散歩好き、どんだけーーーーーー(ーー;)



とちょっと呆れつつ、
一人で車運転して連れて行くのも不安アリアリだったので、
歩いて行くことにする。

なぁに、途中で歩かなくなったら、抱っこして行けばいいんだぁーー、ハハハハハハ
ママの手の中で、下痢しないでねーーーーっ、ハハハハハハハ
20㎏弱の抱っこぐらい、余裕よ余裕、ハハハハハハハハーーーッ


(↑血便見て、気が動転しておかしくなってる私)


しかし、心配はご無用でしたよ。
もう、根性のお散歩好きと言いますか・・、ちゃんと病院まで歩きました。



病院に到着し、受付で、一通りのお話しをし。

持ってきたウンチを渡す。

カイは、病院に来たからか、歩いてきたからか、
意外とテンションが高く、
周りの犬に興味を示したり、
他の飼い主さんの方を、キョロキョロ見たりしています。


順番がきて、診察室に呼ばれます。

中に入ると、、、

ヤッタ!! ひげの院長、いたーーーーっっ!!!\(T▽T)/


診察台に乗せられて、体重を見た院長先生。

「あれ、18㎏だ・・。痩せました? 
でも18.9㎏は太り気味だったので、痩せてちょうどよくなりましたよー。」
と。
このときは、軽く笑顔。

が、今までの経過を話し、例の血便画像見せると、
先生の顔が曇ります。

まずは検温。平熱でした。

そして先生、間髪入れず、
「エコーしましょう」
とおっしゃって、

ザッザッザッザと、エコーでカイのおなかの中を診ていきます。

先生「しこりはないですねぇ。」


さらに先生「検便の結果、寄生虫はいませんでした。
ワクチンも打っているので、そちらの病気は否定できますね。」



「これで食べられるようになってくるといいですけどね。
もし、明日までにご飯が食べられないようなら、精密検査をしましょう。
症状は嘔吐と下痢でも、
胃腸以外に、腎臓や肝臓、糖尿病などの場合でも、
同じような症状が出る場合があります。
変なものを食べている可能性もあるので、レントゲンでガス像も見ておきたいですね。」



そしてその後、抗菌剤と止血剤の注射を2本打って貰って、
診察は終了となりました。

再診は明日。



帰り道も、カイは、ちゃあんと歩きましたよ。(^^)

時には、笑顔も出たんですよ。

だから私は「夜ご飯、カイはきっと食べる♪(^.^)」と、帰り道では思ってました。
精密検査なんかしなくても、大丈夫、治る、って。


家に着いて、夕方、パパさんに電話で報告。

その電話中、カイがトイレに入りました。

電話で、カイのトイレの実況中継を始める私。笑

その時出た、うんpが・・・・↓






※又々、ウンチ画像です!!! グロ注意っ!!!!!








血便2a



・・・・・。

もはや、血便を、『ケツ便』などと呼ぶのも生ぬるい!

【ち便】

そう、ち便と呼んだ方がズバリと来る!!



帰りはあんなに元気そうだったのに、、、
家の中に入ったとたん、一気にカイの元気はダウン。
ドヨ~ンと落ち込んだ顔になって、
ご飯なんて、全く食べない。拒否。

カイ姉②が、ご飯をあげる。「食べて~」↓
P1030745a.jpg

P1030746a.jpg
(完全スルー)


水ですら、寝て飲む。
P1030747a.jpg




もう24時間以上、何も食べていない・・・・

大丈夫なのか、カイ。

カイイイイイイーーーー!!!(ノД`)



<<続きます>>



頑張るカイをポチッとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

トラックバック: