【嘔吐下痢・4】続く血便~次の日の診察

夜になって、パパさんが仕事から帰ってきても、
お出迎えの飛びかかりがない。

隅で、暗い顔をしています。

私も最初は、
食べて!早く元気になって!!カイは精密検査するような重い病気じゃない!!
と思っていたけど・・・(現実逃避だね)

こんな血便が出るということは、腸の中は炎症でただれ、切れまくっているはず。


腸が動くと痛いんだ。。。
だから食べない、食べられない・・・。


そう思うと、無理に食べ物を勧める気にはならず・・。

精密検査? あぁ? 上等だ、受けてやるゼ!!

みたいな気持ちになってきた。


パパさんがぼそりという。

「腸重積に似てるネ~」


!!


私の背筋が凍る。

私は(夫も)、腸重積からの腸閉塞で、突然亡くなった子ども(人間)の話を知っている・・・・

原因が分からないまま放置すると、死ぬこともある怖い病気・・・


「でも、下痢が出てるから閉塞してないよね。」


・・・そうだ、そうだ、落ち着け。

先生は真っ先にエコーしてくれて、しこりはないとおっしゃってた。

ということは、胃や腸には、形態的な異常はなかったということだ。


さまざまな心配事が胸をかすめつつ・・、夜は更けていく。




次の日の朝。

またしても、【ち便】(血便)だ。






※画像注意! グロ画像来ますよーーっ!!!↓






血便3a

(もはや、『今日のお天気』ならぬ、『今日のうんp』だな・・・汗)



朝ご飯も、一応、勧めてみましたが、

悲しそうな目をして、顔を背けるばかり。

絶食1日半・・・。
やっぱりダメか。


このまま様子を見ていたところで、カイが食べるようになるとは思えない。
早く対処して貰った方がいい、と思って、
午前中に病院に行きました。


【通院2日目】

病院で、↑の血便画像を見せます。

嘔吐は、一昨日の夜を最後に、丸一日ありません。

体重は、17.7㎏。(又、痩せてる・・・。)


先生は、私の話を聞きながら、カイの体をあちこち触っている。

先生「この子は、触っても、痛がるところがないんだよね。」

「う~ん、もう1日、検査は待ちますか。
今日は、昨日と同じ注射を2本打って起きますので、明日、悪いようなら、又連れてきてください。
その時、検査をしましょう。」


全然食べてないけど、大丈夫なのかと先生に聞いたら、

「よく聞かれるけど、犬は2週間食べなくても、死ぬことはないですよ。
人間でも、水と塩があったら、2週間生きれるしね。」


2週間!!!

そんなに平気なんだ・・。

病院に来ると、ちょっと心強くなる。



そして、夕方の6時。

カイに夜ご飯をあげようとしたら拒否されたので、
私の手のひらにフードをのせてみました。

そしたら、そのフードを、カイがペロッと舐めたんです。

そして、私の手から5粒・・・、
ちゃんと、カリカリと噛みながら、食べたんですよ!


おおおおおおお、母ちゃん、カ、カンドーーーー(T^T)



ここで調子に乗って、10g(30粒)お皿に入れてみたら。

なんと、食べた!!


P1030750a.jpg
(フード少ない・・・)


そこで、さらに欲を出して20g追加したら。


・・・それは残した。沈


でも、食べたので、快方に向かっているのかなと、安堵、安堵、安堵・・・ホッ


結局、この日はトータルで7回の血便。

このまま吐かないで、元気を取り戻してくれたら、

明日は病院に行かずに、明後日行けばいいか・・・。

・・・・と、思った、が・・・。




<<続きます>>




頑張るカイをポチッとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバック: