スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【嘔吐下痢・5】又、嘔吐。水も飲まないなんて

10gほどとはいえ、フードを食べてくれたので、
私は嬉しかった。

ちょっぴり安堵し、寝床についた。


が、深夜の3時。

眠っていた私は、ガマガエルのような声を聞いて、ガバッと飛び起きる。

そこには、背中を丸めて、苦しそうにしているカイがいた。


グェー、グェー、グェー、グェー


布団で吐かないで!

とっさに布団から出した。
危機一髪で、布団は無事だったが・・、


嘔吐。

2回。


あぁ。
嘔吐は、止まったはずだったのに。



これで振り出しに戻ったな。



と・・・、思った。


やっぱりご飯をあげたのがいけなかったのか。

胃腸が受け付けないのに、食べ物を体に入れたのがいけなかったのか。。。


その後、もう一寝入りしようと布団に入ったが・・・、寝た気がしなかった。


うつらうつらと浅い眠りの中。今度は5時に。


グェー、グェー、グェー、グェー


又、嘔吐。

少し血が混ざっている。

もう吐くものはないのに・・・・

嘔吐a


朝、ウンpも出た。

ウンpは、昨日食べたからか、少しだけ形のあるウンpだった。

形のあるウンpは、何日かぶり。


朝ご飯のフードは、当然、拒否。

もうフードなんて見たくもない、というように、顔を背け、その場を立ち去る。

水ですら、勧めても、飲まない。

吐くのは、よほど苦しいのだろう。



私の顔をじっと見るカイを見て、

あぁ、顔が小さくなったな、と思う。

前足も細くなったなぁ・・。

痩せちゃった、痩せちゃった。

あんなにマッチョでムッキムキだったカイが、
触ったら、骨がゴリゴリ。


ガリガリになっちゃった・・・


って思ったら、ブワッて熱いものがこみ上げてきた。

グシグシグシグシ、目をこする。

泣いている場合ではない。しっかり!


「さあ、病院に行くよ、カイ。今日は検査だ。頑張るんだぞぉ。。」

カイに声をかけ、私はリードを握りしめた。



<<続きます>>



頑張るカイをポチッとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。