スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【嘔吐下痢・6】病院にて「ひも状異物の可能性」

3日続けての通院。

私はある意味、腹をくくっていました。

いつまでたっても吐くということは、何か原因があるのは確実だ。

原因を確かめないと、カイは治らない。

先生にお任せして、ちゃんと調べて貰おう。


【通院3日目】

病院は激混み。
次から次へと患動物さん?がやってくる。

やっとカイの順番が来て、診察室の中へ。


まずは体重測定。17.55㎏。
どんどん痩せていくので、さすがに先生も心配顔。

(体重計では17.55㎏だけど、160gのハーネス付けたままだから、
実際は、17.39㎏なんだよね。
17.3㎏って、一体、何ヶ月前の体重・・。
数日間で1㎏以上、痩せちゃった。)



先生に、
夜少しだけフードを食べたこと、
そしたら又朝、吐いたこと。
今朝の便は少し形があったが、血便は続いていて、嘔吐物にも血が混ざっていることなど、
今までの経過を話します。

先生「う~ん、よくありませんね。」

「前にも話しましたが、やはり検査をしましょう。
まずは採血して、他の臓器の状態をみましょう。
それから、レントゲンも撮りましょう。
時間はありますか?
15分~20分くらいで、急いでやりますね。」



ハイ、覚悟はキマッテオリマス。。。


一端、待合室で待つように言われたので、私は待合室で待ちます。


激混みの院内ですから、先生も大急ぎでやったはずですけど、
30分くらいは待ちました。

ようやく、名前を呼ばれて診察室へ・・・。

まずは採血の結果から。

結論からいえば、全部、異常なしでした。

血液データa

腎臓も肝臓も膵臓も、みんな大丈夫!

良かった!!(ToT)


次はレントゲン。
15分時間をおいて、2枚撮っていました。(だから時間がかかったんだね)

1枚目のレントゲン写真を見せて貰いました。

ボコボコとした丸いガス像が連なってあるのですけど・・、
先生がおっしゃるには、
「ひも状異物を誤食した場合、このようなガス像になることがある」と。

ひも状異物でよくあるのは、ストッキングとかだそうだ。


腸の中のガスは動くものなので、15分後にもう一枚撮った。

2枚目の写真では、ガス像は動いていて、ボコボコ感はなくなっていたので、

先生「2枚目の写真では、ひも状異物ではなさそうです。
が、もう一度、時間をおいてレントゲンを撮って、
このガスの動きを見たいですね。
動いてなくて大きくなっているとかの場合、この先に、何か詰まっている可能性があります。

ひも状異物は、やっかいなんですよ。
クネクネした腸のどこかに、ひも状の異物が長くあるわけですから、取り出すのは大変です。
すぐにバリウムをのんで、開腹手術です。
明日、早い時間に来られますか?」




「えぇえぇ、ラジャーです! 隊長っっ!!! どこまでもついて行きますっ!\(T▽T)/」



・・・とは言いませんでしたが、笑

「はい、明日午前中、連れて来ます。先生、よろしくお願い致します。」
と言いました。


それから先生は、今日は、昨日と一昨日に打っていた、抗菌剤と止血剤の注射をやめて、
「吐き気止め」の注射を1本打ってくださいました。
胃腸の動きも良くなる、とのことでした。


帰り道。
カイは何が起こっているのかも知らないで、
クンクン周りのにおいを嗅ぎながら、
お散歩、楽し~♪と、ちゃんと家まで歩いて帰りました。



<<まだ続きます。あと2回くらい。いーかげん長いですね・・・汗>>



頑張るカイをポチッとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。