スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で、猫に襲われたわけですよ

更新してない間も、カイの散歩には行っておりました。当然ですが・・。


それは6月のある日のことでした。

フツーに散歩して、もうすぐおうちだな、というところまで、来た時のことです。

そう、全くイツモドオリ、全くフツーにお散歩してたんですよ~

そしたらね。
フツーの一軒家のお宅の横を、フツーに通り過ぎようとしただけなんですがね、、
そこに、外壁・・、70センチくらいの低い壁があって、、、、、

その外壁の影に、小さな生き物がひっそりといたのです。
こちらからは、塀の影になって、全く見えなかった。

カイがその外壁の横を通り過ぎた瞬間、
その小さな生き物は、突然、カイに飛び掛かったのですっっっ!!!!!

まさに一瞬の出来事。

気が付いた時には、カイの背中に乗って、
フギャーフギャーと声をあげていたわけですよ!!!!!!


「うわわわわわわわわあああああああ!!!!!」

私、絶叫。

いやいや、それでもワタシは落ち着いていた。(はず?)

これは絶対、小型の飼い犬が、庭から逃げ出してきたのだな。と。
実はカイは、飼い主さんがうっかりリードを離してしまって、散歩中何度か小型犬に噛まれたことがあるのです。

ですから、その瞬間は落ち着いてました。
「またか~、もう飼い主さん、しっかりしてよねっ。(*`д´)プンプン」
くらいのもんだったのです・・・。


ところが、よーく見るとね、、、、、

それは、だったのです。

そこで初めてワタシの中で、一瞬、いろんなことが頭をよぎりました・・・

『猫ということは、
リードがついてない→飼い主近くにいない→誰も止めに来てくれない』




「うわわわわわわわわあああああああ!!!!!」(再び)

猫はしつようにカイに飛び掛かってきます。

猫って飛ぶんですね、腕を弓のように前に出し、剥き出したきらりと光る爪が見えた。

ここから私はパニックです。

「もうやめてよおおおおおお!」

もはや通り魔に襲われたおばさん宜しく、猫を追い払おうと、カイと猫の間に自分の足を挟みました。

猫は私の足にも飛び掛かってきます。

しばらくすると、前から車がきました。

クラクションでもならしてくれたらいいのに、
運転手の30代くらいのお母さん、早く道をあけてよね、と言わんばかりに
不機嫌な顔をして車は止まっています。
こちらは、助けが欲しいってのに・・・。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

そこでハッと我に返り、これはもう逃げるしかないと、
カイと一緒にダッシュしました。

猫は追ってきます。
追ってきながら、カイと私にジャンプして、爪をむきます。

随分逃げて、逃げて、、、、、

やっと追ってこなくなりました。

恐ろしい数分間でした・・・・。

その時履いていたワタシのジーパンは、鍵状に切り裂かれ、
もはやズボンは、捨てるしかない状態に・・・

カイもさぞ怖かっただろうと、顔を覗き込みますと、


笑ってました・・・(こいつはもういい)


家に帰って、傷を見てみました。

右足があちこちボロボロ・・・

ひっかき傷に、猫の爪が突き刺さってえぐれた傷・・・

あんまり美しくないけど、写真載せてみましょうか・・

1-IMG_0594.jpg

1-IMG_0590.jpg

1-IMG_0589.jpg

1-IMG_0588.jpg


実は、下ケツ(尻の下の方)が、一番酷い傷だったのですが、
これでも一応乙女ですので、下ケツ写真は自重します・・・。
猫は飛びますよ!
ワタシの尻の下まで、ひっかき傷が残るほど、飛んでいるということです。。。

シャワーで洗って洗って洗いまくり、
消毒して、抗生剤入り軟膏を塗りたくり、
抗生剤も飲みました。。
猫ひっかき病、なんてのもあるらしい。
とりあえず、これで化膿は防げました。


しかし、恐ろしいですね~
大きい雄わんこを飼うということは、いろんな意味で大変なんだと思い知りました。
何もしていなくても、相手にとって、脅威に映るのですから。

それと、女はダメだな~~と思いました。泣

「攻撃」ができない。
守ってばかりで・・・。

後から思えば、蹴っ飛ばしてやれば良かったのです。
石をぶつけなくても近くに投げるとか。
足をドンとやって、大きな音を立てるとか。

なのに、なんにもできなかった。
無防備に、カイと猫の間に、自分の足を入れて、盾にしてしまった。

後で見てみましたが、カイの傷は皆無でした。
あんなに何度も飛び掛かられていたのに、不思議。
フワフワの毛が、カイの体を守ったのでしょう。

傷だらけなのは、私だけ・・・・orz


万一、道で猫に襲われたら。。。

全力で逃げることをお勧めします。
暫く追ってきても、猫はそのうち追ってこなくなるからです。

この時6月の初め。
猫ちゃんも、盛って気が立っていたのかもしれませんね。要注意です。


1日たって、内出血になりました。

1-IMG_0595.jpg

1-IMG_0597.jpg
(あ、6月だったのでまだムダ毛処理がちゃんとできてない・・見苦しくてすんません。。汗汗)

ね、可哀相でしょう?
可哀相と思われた方は、どうぞ、下のランキングの画像をポチッとクリック、よろしくお願いします。(笑)

あれから、2か月たちますけど、
まだ傷残ってます。
深かったので多分もう、消えないでしょうね。涙



☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いしますー♪
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
(↑だから、笑うんじゃないと言っておろうが)


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

こむぎんこママ : 2014/08/04 (月) 15:26:34

え〜‼︎かわいそう!
猫怖い〜〜〜((((;゚Д゚)))))))

初めまして。
あまりの痛々しさに一言、お見舞いを申し上げたくて…

どうぞお大事に。

カイちゃんもいいウ○チでますように!

カイまま~こむぎんこママさんへ : 2014/08/06 (水) 14:11:16

凄いっしょ~、可哀相でしょぉぉ~~ 。゚(PД`q。)゚。

猫には気を付けてくださいねーって、
猫に襲われたなんて、自分以外に聞いたことないのですが。爆

コメントありがとうございました~

カイのおなかの調子は、日々変動しております。
油断するとすぐ血便する仔なので…汗汗

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。