スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【後編】ハムちゃんの死/動物病院/そして、動物の死について考える

赤ちゃん達は、すくすく育ちました。

画像 028a

そのうち誰が誰やら分からなくなりましたが(笑)、とにかく愛くるしい。


ハムスターって、ちょっとどんくさいんですよねー。

DSC01750a.jpg

ケースのふたを取っているのに、すぐに逃げなかったり、

DSC01748a.jpg

寄ってきたりね。
噛まない子は、指が前に来ても噛まない。


穴に潜る習性があるので、筒や、
運動不足解消のための、滑車は必需品。

滑車でカラカラ回る姿に、癒やされていました。

DSC01762a.jpg



そんなハムちゃんの、異変に気がついたのは、
ハムちゃんが、1才半を過ぎた頃でしょうか。

DSC01753a.jpg


皮膚がハゲているのです。

赤くなっていて・・・

ハムちゃん、病気!? ネズミの病気って、どうしたらいいの??

それまで、熱帯魚は飼っていましたが、
表情のある生き物を飼ったのは、初めて。
動物病院といえば、「犬猫専門」のイメージだけど、
ネズミも診てくれるのだろうか・・・

今と違って、ネットで簡単に調べることもできません。

周りの友達も、ペットを飼っている人はいません。


だけど、ハムちゃんの一大事。

私はすぐに近くの動物病院に、ハムちゃんを連れて行ったのです。



・・・その時の、緑色の診察台。

今でも、その光景だけは、目に焼き付いています。


「皮膚がハゲてしまって。」と私。

先生は、「ケースから出して、診察台の上に乗せて」と言いました。
猫なで声で、何かハムちゃんにも話しかけるようなことを言っていたような記憶があります。

ハムちゃんは、ひどく怯えていました。



その後、診察をしようと、先生がハムちゃんをつかんだ、その時。



ハムちゃんが、先生の手を、ガブッと!!!!!


噛んだのです!!!



先生は思わず、「痛い!!!」と大きな声をあげ、
噛まれた手を、力一杯振りました。


でも、ハムちゃんの牙が手に刺さっているので、なかなか離れません。

その間、2.3秒のことだったかもしれません。
ハムちゃんは、ブラブラと牙1本で、手が振られるがままに空中で揺れていました。


そして、やがて、ハムちゃんの牙は、先生の手からはずれ・・・・、

ハムちゃんは、「キィィィィィィィィ」と、ものすごい声をあげ、
緑の診察台に、たたきつけられたのです。


先生の手からは、血が流れていました。

その後、先生は苦笑いしながら、
助手の人にも指示して、ハムちゃんを今度は慎重に押さえつけ、
診察をしました。

皮膚のハゲは、皮膚炎ということでした。

塗り薬を2週間分いただいて、
私は、ハムちゃんの入ったケースを抱えて、家に帰りました。



そして、


その五日後、


ハムちゃんは、死にました。






・・・いろんなご意見があるだろうけど、あえて書きます。

私は、病院に連れて行ったことを、後悔しました。

その時のハムちゃんの年齢は、1才半を過ぎていた・・
皮膚だけじゃなくて、体力も弱っていた。
そろそろ寿命も近かったんですね。

診察の時のハムちゃんの怯え方は尋常じゃなかった。
ものすごいストレスの中で、多分ハムちゃんは、
先生の手が、自分を助けようとしてくれている手だと分からずに、
最後の力を振り絞って、先生に立ち向かい、体力を使い果たして、
死んだのだと、思ったのです。


私は弱っているハムちゃんに、余計な苦しみを、与えてしまった・・・・。


先生は、悪くないと思います。

多分、慣れないハムスターを相手に、やるだけのことはやってくださったのでしょう。


ハムちゃんは「ネズミだ」と、その時、私は、深く深く、認識したのです。

「ネズミ」には「ネズミ」の幸せがある。

人間の私の価値観で動いても、それは、ハムスターのためにならないことがある。

若い仔で、明らかに治りそうな怪我などの場合を除いて、
寿命がきたらば、それ以上の治療はせずに、
そっと、見守ってあげようと。
それが、ネズミにとっては、幸せなのではないかと。


今はもう、我が家にハムスターは一匹もいません。

みーんな、お星様になってしまいました。




そして、今。

我が家には、カイがいます。

単純で、素直で、甘えん坊で寂しがりやのカイがいます。


犬はネズミより、もっともっと高等動物です。

ですから、カイには、治療も、当然必要に応じてしていただきますし、
私も、飼い主として、できるだけのことはしてあげるつもりでいます。

ですが、飼い主の判断は、とても大切だと思っています。

数ヶ月前の、謎の病気の時もそうでしたが、
あの時は、信頼していたかかりつけの動物病院が閉院していたのは、痛かった。
よく知らない病院に深夜に連れて行き、
若い先生しかいないのに、入院になり、カイを預け、
原因不明で、もしも、もしも、一人で寂しく不安の中で病院で亡くなったら・・・、

私は、たえられないと思いました。

あの時・・、ネックはカイの表情でした。

あの状態でも、ご飯を食べられる、カイにまだ持ちこたえられる体力があると判断したので、朝まで待てた。
何度も吐いたときも、その後ぐったりしてなく、ピタッと嘔吐を繰り返さなくなったので、
嘔吐が止まっているのに下手に病院に行って、変な検査で体力を奪ってほしくない・・と思って、
連れて行かなかった。

結果的に、それは正解の判断でしたが、
それって、たまたまですよね。
吉と出るか、凶と出るか・・、紙一重ですよね。

カイを、初めての病院に連れて行って、見知らぬ先生に診察され、原因不明のまま、家族のいないところで一人で亡くなっていたら、私は間違いなく後悔した。
カイを病院に連れて行くのが遅れ、突然急変して、急いで病院に連れて行ったが、亡くなってしまったら、やっぱりそれも、後悔したでしょう。


生きている動物を飼うということは、命と向かい合うってことですね。

まだまだ新米飼い主ですが、カイの心の声を聞ける飼い主に、
なりたいと思っています。(^^)

いい獣医さんとの出会いにも期待。
今の動物病院は、診察の度に違う先生なので、まだ信頼関係が築けてない・・・。沈
これからの課題だなぁ。



(きゃ~、今回、マジ記事だわ、らしくないわー。どん引きの人、ごめんなさ~いっっっ。(^0^;))




☆ランキングに参加しています☆
可愛いハムちゃん画像をクリックしてくれると嬉しいで~す♪↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


【前編】ハムスターの思い出

今から10年くらい前、私たち家族は、賃貸マンションに住んでいました。

賃貸マンションでは、犬や猫のペットは飼えません。

そこで、ハムスターを飼っていました。
懐かしい話です。

今回は2回に分けて、ハムスターの思い出を書きたいと思います。

昔ですから、写真もあまりありませんが・・・


画像 023a


ネズミって、可愛いですよー。

噛む子と噛まない子がいましてね。

噛まない子は、抱っこもできました。

たまに脱走しては、大騒ぎで探して。

押し入れの埃だらけの隅っこに入り込んだり、
家具と家具の間の、手の届かない隙間に入り込んだりして、
当時、幼稚園児以下だった子ども達と、
必死になって捕獲作戦。
最後はえさで釣って、引っ張り出して、無事捕獲。

可愛がっていました。

画像 038a
(次女と。)


最初、メスを飼ってました。名前はハムちゃん。

そのうち、オスも買ってきて。名前はスター君。(なんて単純なんだ)

画像 041a
(長女の赤いスカートの上)


ある日、二匹を、一緒のケースに入れてみたのです。


ご存じの通り、ハムスターはネズミの仲間。

『ネズミ算』という言葉があるように、
どんどん、あっという間に繁殖する。
増えすぎたらどうしよう・・と心配ではありましたが、

やっぱり、赤ちゃんが見たい!!

1回だけ・・・1回だけ・・・、出産させてみたいなーって。


案の定、ハムちゃんはすぐ妊娠しました。

わらに潜ってたりして、あんまり様子は分からなかったけど・・・。


ある朝のこと。
ワタシは、たまたまトイレで、朝5時に目が覚めたのです。

トイレに行って戻ってきて、ハムちゃんのケースの横を通り過ぎるとき、



「チューチューチューチューチュー」



それは、とっても弱々しく、
しかし、ワラの中のワサワサした感じ、
そして、複数のネズミの鳴き声が、確かに聞こえたのです。



「産まれたんだ!!!!!」



そっとワラをめくってみましたら、
目もあいていない、毛の生えてない、小さな赤ちゃんが5匹、生まれていました。

軽く興奮状態のワタシ。

その日の朝は、後から起きてきた子ども達も大興奮です。

5匹の赤ちゃんは、

ハーちゃん
ムーちゃん
スーちゃん
ターちゃん
アーちゃん

と名付けて、可愛がりました。(ネーミングセンスについての突っ込みは無しで。笑)

画像 040a
(フフフ・・、妙に指がいっぱいありますね。長女と次女が、一緒に持っているのですよん♪)



<<後編に続く>>



☆ランキングに参加しています☆
画像をクリック、お願いします。↓
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村


あの子に花を、贈りたい

フラワーセンターに行ってきました。

なかなか涼しくならないし、
日中はまだまだ暑くて、お花、咲いていてもシオシオかな~(汗)と思いつつ、、、

何も出来ないからせめて、
ここにお花を飾りたくて、
お花の写真を撮りに、行ってきました。


コスモスは、秋の花・・・・
まだまだ、まばら。
DSC_0783a.jpg

ハイビスカスは、まだまだ暑さを感じさせるね。
DSC_0779a.jpg

いろんな花が咲いててキレイ。
DSC_0781a.jpg

オレンジの花、一生懸命、陽の光の方を見ているよ。
DSC_0796a.jpg


扇風機みたいな柄だと思わない?
DSC_0801a.jpg



不思議とね。何故か、時々空を見上げる。
逝ってしまった寂しさに、心沈んでうつむきたくなるはずなのに、
何故か、空を見てしまう。
P1030272a.jpg
映ってないけど、鳥さんが飛んでいたんだよ。
今日も抜けるような、青空。


面白いものもあったよ。
これ、食べたことある?
DSC_0810a.jpg
そう、バナナ!

DSC_0847a.jpg
盆栽としては、優秀らしいよ。
にょ~と首が伸びてる。


ハスの温室があってね・・・。。

入り口には蘭の花。
今日はお花一つ一つが、虹の橋を渡った、わんこ達の顔のように見える。
DSC_0831a.jpg


ハスは蓮華とも言われている、仏教の花。

P1030325a.jpg

P1030335a.jpg

DSC_0823a.jpg

DSC_0767a.jpg

P1030330a.jpg

面白い葉っぱだねぇ
DSC_0827a.jpg
葉っぱの上に乗れそうだ。
でも万一水に濡れたら嫌かな?
シャンプーは、好きじゃなかったんだよね。


お空を見上げてしまうのは、多分、お空に君がいるような気がするからだ。

きっと、走り回っているのでしょう。

地上の人の悲しみなど目もくれず、
「何を悲しんでいるの?」と言わんばかりに、
楽しそうに、ただただ遊んでいるのかもしれません。


本当は、生きた綺麗なお花を、あなたに贈りたい。
あなたの健気で、純粋な心のような、お花を。
だけど、それは無理だったので、
ここに飾らせて頂きました。



フラワーセンターに行った後、カイはドッグランに行きました。

時刻は、もう夕焼け・・・

P1030364a.jpg
夕焼け空にも、やっぱり、君が走っているような気がする。


カイは、これからもいっぱい遊ぶからね、お空から見ていてね。

本当にありがとうねー。
ありがとう・・・・。




謹んでご冥福をお祈り致します。
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村





パソコン崩壊中

パソコン壊れて、大変なことに…😭
ってことで、コメントの返信も書けずすみません。
とりあえず、iPhoneからです…

ごめんなさいです

3/17の記事「カイ、殴られる」と3/18の記事「カイが激痩せ」が、
シェルティー注目記事ランキングで、1、2位になりまして、
ありがとうございます。
大変励みになります。

さらに、3/17「カイ、殴られる」におきましては、
シェルティーカテゴリだけでなく、犬プログの注目記事ランキングでも、
驚きの3位を頂きまして、
ご訪問頂いた方には、深く感謝致します。
ありがとうございました。

しかし、犬プログのランキングの上位に入るということは、
他犬種の方も、沢山訪問して下さるということ。
大型犬の飼い主様もいらっしゃると思いますし、
昨日の深夜に、お名前無しさんからコメントを頂いたこともありまして、
下手な誤解をまねいたり、(私はシェルティー以外の犬も大好きです)
不愉快な思いをされる方がいらっしゃっては、
私としても不本意ですので、
3/17の記事は、非公開にさせて頂きました。

3/17の記事にアクセス下さった方、折角ご訪問頂きましたのに、記事が無くてすみません。
3/17の記事にコメント下さった方も、勝手に非公開にしちゃってすみません。

今後とも、よろしくお願い致します。


<<PREV |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。